入院に際してのお知らせ

通信について

手紙やハガキの発信、受信は制限されることはありません。
ただし、手紙に何らかの品物が同封されているとみなされた場合には、スタッフの立会いのもとで患者さまに開封して頂き、品物によっては病院でお預かりさせて頂く場合もございます。

 

電話について

電話は原則的に制限されませんが、患者さまの症状に応じて、医師の指示で一時的に制限させて頂くことがございます。
しかし、人権を擁護する行政職員または患者さまの代理人である弁護士との電話は制限されることはありません。
ご家族やご友人の方からの電話は、原則として患者さまに直接おつなぎすることはできません。
簡単な伝言をお預かりするか、患者さまから折り返しご連絡して頂けるようにお伝えします。

 

面会について

面会は原則的に制限されませんが、患者さまの症状に応じて、医師の指示でご遠慮頂くことがございます。
しかし人権を擁護する行政職員や、患者さまの代理人である弁護士、もしくは患者さままたは保護者の方の依頼により、患者さまの代理人になろうとする弁護士については、面会を制限されることはありません。
面会時間が決められておりますので、できる限り時間内にお願い致します。
時間外の面会を希望される場合は、あらかじめ病棟スタッフにご相談ください。

 

面会時間

平日・祝祭日とも
午前10:00~11:30
午後14:00~17:00
午後18:30~19:30
※午後18:30以降の面会はご家族の方のみとなっておりますので予めご了承ください。

 

川崎市長に対する請求について

入院治療に関して、不明な点、納得ができない点がございましたら、スタッフにお申し出ください。
それでもなお、患者さまの入院や処遇について納得ができない場合には、患者さままたは保護者の方から、処遇の改善を指示するよう行政職員に請求をすることができます。
この点について詳しくお知りになりたい場合は、病棟スタッフにお尋ねください。